チザイ経営社はランチェスター戦略に知的財産を溶け込ませる「弱者の戦略」を支援し成果を出します。十分な知識&経験があります。

    新規事業・新規分野への進出をお考えの経営者さんへ

新規事業を始める場合、起業する場合には、やるべきことが山ほどあります。

自社のコア・コンピタンスはなにか、強みは何か、それをどのようにして生かすのか、設備資金・運転資金をどのようにして確保するのか、従業員・スタッフをどのようにして集めるのか、製品・商品をどこで作るのか、どのようなルートに乗せ、どのようにして売るのか、いくらで売るのか、どこに売るのか、などなど。

そしてそれぞれについて具体的答えを用意しなければなりません。

当然に人生で初めて、部門にとって初めてという忙しさになります。時間的、精神的、金銭的にまったく余裕のない状態になります。

それゆえ、当面の事業運営に必須でない要素は後回しになります。

しかし本当に後回しにしてよいもの以外を後回しにすると、当然にそのビジネスの末永い成功が危ぶまれることになります。

仮にそのビジネスがうまく滑り出し、売り上げが順調に伸びるようになってもです。

なぜなら、売り上げが伸び、利益がでるころになると、自社に比較し何らかの優位な競争力を持った他社がそのビジネスに参入してくるからです。

これを何とかして防ぎ、先行者優位を守り、投資資金を回収しなければなりません。

しかし他社が参入してくるようになった段階で先行者優位を守る防護壁を構築することは至難のわざです。

現在はリバースエンジニアリングが容易なので簡単に同様な製品・商品が作られてしまいます。その結果、思わぬことろから競合品が現れます。

ボーダレスに情報が行きかう時代ですのでビジネスモデルさえも容易に真似されてしまいます。

先行者優位を守る方法は色々ありますが、一番確かで頼りになり、しかも一番低コストな方法が知的財産法を味方に付ける方法です。
今日においては、知的財産法を味方につける方法でしか先行者優位を守ることは困難です。

知的財産法を味方に付ける方法は意外に理解されておらず、実践されていません。知的財産関連事項は、専門性が高くて扱いにくく、メリットデメリットが直接見えにくいからです。

このため知財法対策は後回しにされることが多いのです。しかし、知的財産を事後的に仕込むことは困難です。しかも最初の仕込み方の良し悪しがビジネスの勝敗を大きく左右します。

それゆえ知的財関連事項を後回しにすることなく、ビジネスの企画段階でしっかりと仕込んでおく必要があります

近代ビジネス戦は知恵の戦いです。自らのビジネス知財を守るためには、知的財産法が自分の味方になってくれるよう仕込んでおく必要があります。

    □私たちチザイ経営社は、「知財法を味方に付ける持続可能な競争優位」の構築をお手伝いいたします。
    □私たちチザイ経営社は、貴社と共に又は貴社に代わって、最新の知的財産法と経営戦略法をランチェスター戦略に乗せ、「新規事業を成功に導く仕組み」づくりをお手伝いします。

お問い合わせはチザイ経営社へ

▲ページのトップに戻る

チザイ経営社〒540-0037 大阪府大阪市中央区内平野町2-3-14ライオンズビル9FTEL06-6809-3301FAX06-6946-3593